読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PEAKを生きる

科学の力で、能力を最大化するブログ

あなたの歯磨きは間違っている!歯磨き粉を使ってはいけない3つの理由

生活 健康

f:id:kasajei:20170106010229j:plain

歯磨きしてますか?もちろん、してますよね。

歯磨き粉はつけてないですよね?「えっ?歯磨き粉をつけるのでは当たり前では?」と思ったあなた、ちょっと待って下さい。

歯磨きは毎日しています。間違った知識で歯磨きをしていると、虫歯になったり歯周病になったりします。歯も黄色くなります。

なぜ歯磨き粉を使うのか?

歯磨きってなんのためにやってますか?

食べかすをとったり、歯垢をとったりするためですよね。

では、なぜ歯磨き粉を使ってるのでしょうか?歯を白くしたり、殺菌したりしたいからでしょうか?

歯を白くする

歯を白くなったように見せるために、研磨剤が入っています。つぶつぶしたやつもありますね。

磨くと、なんだか刺激があって、歯が白くなったように感じます。

実際、歯が白くなると思います。なぜなら歯を削ってるからなんですよね。研磨剤によって、着色されたエナメル質が削れるので、白くなります。

さて、歯のエナメル質を削ってもいいんでしょうか?もちろんダメです

実はエナメル質を削ってしまうと、できた傷によって、歯はさらに着色しやすくなっています

しかもエナメル質を削りすぎると、歯の次の層の象牙質が見えてきます。こいつが黄色なんですよね。

歯が黄色いのは、歯を磨きすぎの可能性があります。磨き過ぎによって、虫歯になりやすくもなってしまいます。

研磨剤が入った歯磨き粉を使いたいなら頻度は週に1回までをおすすめします。

殺菌する

殺菌作用の強い成分が入っていたりもします。しかし、強すぎます。

口の中にも必要な細菌がいます。腸と同じで、善玉菌と悪玉菌みたいな感じです。口にもマイクロバイオームは存在します。

殺菌しすぎてはいけないんですよ。

成分としては、トリクロサンが危ないです。アメリカではトリクロサンが入った商品の発売が禁止されているぐらいです。

家にある、歯磨き粉を今すぐチェックしてくださいね

歯をツルツルにする

また歯磨き粉をつけて歯磨きすると歯がツルツルになりますよね。これはラウリル硫酸ナトリウムの効果です。界面活性剤ですね。

なぜ今まで歯をツルツルにしてきたんでしょうか?ツルツルになるだけで、全く意味はないのです。

これは巧妙なマーケティングです。「歯がツルツルになる」というわかりやすい報酬を消費者に体験させることで、習慣を作ってしまったのですよね。

こういうマーケティング手法に関しては「習慣の力 The Power of Habit」が面白いので読んでみてください

習慣の力 The Power of Habit

習慣の力 The Power of Habit

また、ラウリル硫酸ナトリウムは発がん性があるかもしれないとも言われているので、避けておきましょうね

どうすればいいのか?

まず、歯磨き粉を付けなくても、ちゃんと歯を磨いていれば、食べかすや歯垢は取れています

気になる人は、歯間ブラシやデンタルフロスを使うのが良いでしょう

どうしても歯磨き粉をつけたい人は、コンクール ジェルコートFをおすすめします。これには研磨剤が入っていません。

付属の歯ブラシがジェルコートFを歯に塗るのにとても便利です。

また、ジェルコートFにはフッ素が入っているので、虫歯予防にもなります

家にある歯磨き粉は捨てて、正しい歯磨きをしましょう!

歯はみがいてはいけない (講談社+α新書)

歯はみがいてはいけない (講談社+α新書)