読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PEAKを生きる

科学の力で、能力を最大化するブログ

金利がないのに、まだ貯金しているの? 現金の価値は下がってるという衝撃の事実

f:id:kasajei:20170429104812p:plain

現金の価値は下がっています。一年前まで、現金が大好きだった@kasajeiです。典型的な日本人的な思考でして、貯金大好きだったんですよね。「銀行に預けておくと安心!投資などの資産運用は怖い!」と思ってました。

しかし将来のための資金運用として、貯金は正しいのでしょうか? 「減らないから安心!」と考えていましたが、本当でしょうか?

実は、貯金は将来の資産としてはリスクがあります。やはり投資が必要です。

詳しく見ていきましょう

将来のために、安心な資産運用がしたい

将来のために、安心な資産運用をしたいですよね。年金も受け取れるか心配なので、自分で対策を打っておきたいですよね。

また、頑張って働いて稼いだお金ですから、損もしたくありません。賢い投資が出来るのが一番です。

それによって、お金の心配をすることのない将来設計をしたいですよね

投資って何だか怪しいから貯金する

「株で大損した」「不動産投資に失敗した」なんて話を聞いたり、「投資信託はいかがですか?」「マンションオーナーになりませんか?」と怪しい電話がかかってきたりします。

そんな話を聞いていると「投資って何だか怪しい」と考えてしまうようになります。そして「やっぱり安心の貯金が一番だよね!」と考えてしまいます。

しかし、貯金は将来設計として正しいのでしょうか?

貯金は必ずしも安心ではないし、お得でもない

貯金=安心」という方程式は誰に習ったのでしょうか? 本当に貯金って安心でお得なのでしょうか?

1000万までしか安全じゃない

まず銀行にお金を預けておいて安心か?という問題があります。実は銀行が潰れると1000万までしか貯金を保証をしてくれません。預けていたお金は、全額は戻ってこないのです。

銀行が潰れることはほとんどないですが、リーマンショックなどではなにが起こるかわかりません。その時に、1000万までしか保証されないのは、少し心もとないですね。

僕はそんな高額な現金は持ってないので関係ないですが、将来のことを考えるとゾッとする話です。

高金利ではないからお得でもない

僕は今29歳です。生まれたときの銀行の金利って6%あったのです。銀行に定期で預けておけば年利で6%増えていくわけですから、10年も経てば約1.8倍になってたわけです。貯金をしておけば、無リスクでガンガンお金が増える時代があったのです。

しかし、今の金利は高くても0.05%ぐらいです。金利は100分の1以下になってしまいました。こんな低金利時代に定期預金のお得感はありません

現金の価値は下がるもの

ここで驚きの事実をお伝えしますと、貯金している現金の価値はジワジワと下がってます。物価はジワジワ上がっていってるので、現金の価値って相対的に下がっていくのです。

実際にドルの価値は40年ほどで27%下がってるのです。

f:id:kasajei:20170429104646p:plain

敗者のゲームより)

日本でも物価の上昇(インフレ)は起こっているので、現金の価値は下がっています。

アベノミクスはインフレ2%が目標

アベノミクスの目標を思い出してください。インフレ率をドーンと2%上昇です!

インフレすると世の中は豊かになるので、経済的には良い効果があります。給与も上る可能性が高いです。しかし、貯金に対しては「現金の価値を2%下げるぞ!」って言われてるので「やべー!!」なのです。

なので政府もNISAやiDeCoのような投資の制度を整備しているのです。

それでも銀行にお金を預けますか?

貯金は安全ではなく、インフレにより価値が下がってる事実を見てきました。なのでちゃんとお金についての知識を手に入れて、将来設計をしないといけません。

そして、賢く投資をする必要があります。そうすることで、お金の心配をすることのない将来設計をしていきましょう。

まずは「貯金も安心ではない!」と覚えていただければと思います。これから投資の話もブログに書いていくので、読者登録twitterでフォローなどしていただけると嬉しいです!

敗者のゲーム〈原著第6版〉

敗者のゲーム〈原著第6版〉