PEAKを生きる

科学の力で、能力を最大化するブログ

Audible.comが素晴らしい件。日本語のオーディオブックはFebeで、英語のオーディオブックはAudible.comだ!

 「オーディオブックがオススメ」という話を書いた。出勤時間や散歩中などに本を読むことができるので、オーディオブックはとてもオススメなのだ。特に何回も読みたくなるような本は、オーディオブックで購入しておくとよい。耳から聴くことによって記憶が定着するのだ。記事でも紹介している通り日本語のオーディオブックはFebeがオススメだ。

洋書を探す

 今年は「英語勉強しよう!」という目標があるので、Febeで英語のオーディオブックをさがしてみた。すると、ラダーシリーズなどのオーディオブックあるのだが、AntifragileThe Lean Startupなどの最新のビジネス書などはない。

Audible.co.jp?

 そこでAudible.co.jpを再検討してみたのだが、やはり何件か問題がある。

  • オーディオブックの数が少ない
  • 洋書もほとんどない
  • 月額1,500円の聞き放題で、ファイルは手元に残らない

Audible.comだ!

 これらの問題を解決しているのがAudible.comだ。comとco.jpでサービス内容が違うのだ。驚きだ。

  • 大量の本が登録されている(しかも最新刊まで!)
  • Febeと同様の会員の仕組み(月額14.95$で1冊のクレジット&定価で買い切り)
  • ファイルは手元に残る

最新刊も著者の生声も!

 Antifragileはもちろんあるし、タレブの2月の新刊「Skin in the Game」も2月中に公開される予定だ。しかも面白いことに、著者の声で聞けるオーディオブックもある。例えばThe Lean Startupはエリックリースの声で聞けるし、Whenもダニエルピンクの声で聞くことができる。

 これはいい!まだオーディオブックで英語を聞いて、理解できるほど英語力はないが、散歩中にかけておくことで脳が慣れてくれることを期待している。ちなみに、初月は無料で1冊の本を手に入れることができるAntifragileを購入してみた。難しいが、1か月聞いてみるつもりである。

どの本を聞く?

 どの本を聞くのが良いか、悩んでいるビジネスマンは2017年ビジネスに最も影響を与えたThinkers50の著作を選んでみてはいかがだろうか?良書ばかりだ。