読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PEAKを生きる

科学の力で、能力を最大化するブログ

Slackの「someone is typing」を消したら、思考停止していた無駄な時間がなくなった!

Mac&iPhone マインドフルネス

f:id:kasajei:20161215002134j:plain

日々の無駄を見直しています

今回は、「メッセージ入力中・・」を見るのをやめました

人が入力しているのを気にして、待つ必要がなくなりました。

そして、「メッセージが一瞬で来る!はやい!」と感動しています

人が入力してるのを見ている

人が入力している時に、何考えてるんだろうなぁと思って自分を観察したんですよ

そしたら「早く送信してくれないかなぁ〜」としか考えてなかったんですよね

そして、たくさんタイピングしてめっちゃ時間かかって「了解!」とか来るわけですよ

送った人にもいろんな葛藤があって「了解!」って送信したことを知ることができますが、それって自分の時間として必要ですか?

もしかしたら、居眠りして「ううううううううううう」とかをタイピングしてただけかもしれないですしね

その時間で生産的な思考ができていたら良かったんですが、どうも「相手のリスポンスを待ってるだけ」だったんですよね

なので、辞めました。人がタイピングするのを見るのを。

Slackなら設定で変えられるので、お試しあれ

人に与えるデメリット

デメリットはないのかなぁと思って考えてみましたが、それほどなさそうです

メッセージが被る可能性がある

相手が入力してることがわからないので、相手のメッセージが返ってくる前に被せてメッセージを送信してしまう可能性があります

特に気にする必要はないと思います

自分のタイピングが長くなる

相手の「someone is typing」が見えなくなるので、自分が入力している時にそれを気にしなくなる恐れがあります。

なので、入力が長くなってしまう可能性があります。

これは、Slackのメンバーにひとこと言っておけば問題なさそうです。

Facebookメッセンジャーも対応して欲しい

僕はよく使うのがSlackなので、問題を解決することが出来ました。

LINEは「入力中」は表示されないので、問題ないですね。

残る問題は、Facebookメッセージなんですよね。

設定を探しても見当たらなかったので、もし解決策を知ってる方がおられたら教えてください

まとめ

マインドフルネスは注意力を鍛えるトレーニングだ!」などを参考に、注意力を鍛えて、日々の無駄を見直しましょう

探してみると、以外と無意識に過ごしている時間があるんですなぁ。

情報は溢れているので、デトックスしていくことは大切です

大事なことに集中する―――気が散るものだらけの世界で生産性を最大化する科学的方法

大事なことに集中する―――気が散るものだらけの世界で生産性を最大化する科学的方法

  • 作者: カル・ニューポート,門田美鈴
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2016/12/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る