読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PEAKを生きる

科学の力で、能力を最大化するブログ

日本の英語教育の弊害とは?英語を読めないし、話せない理由はこれだ!

英語

f:id:kasajei:20170225004727p:plain

英語の授業は好きでしたか?

僕は好きでもないけど嫌いでもないという感じでした。ルールを覚えて、当てはめればいいので、それほど難しくはない。受験の科目としては、可もなく不可もなくという印象でした。

しかし、いざ実用!となると、これが全く使い物にならない。テストは解けるのに、洋書を一冊も読めないわけです。英会話なんて全くをもって無理!

これはショックでしたね。そして気づいたのが、最近という笑

これは一体、何なんでしょうか?

英語教師のための第二言語習得論入門

英語教師のための第二言語習得論入門

文法訳読法

今の日本の教育は、文法訳読法を教えてるわけです。これは何かというと、単語と文法を覚えさせて、それを使って訳しながら読んでいくという方法です

これは英語を学んでいるというよりは、「暗号読解」を学んでいると言ったほうが良いでしょう

これでは、なんとか訳すことは出来るけど、使い物にはならないわけです。英語を英語のまま理解する方法じゃないわけです

なぜ文法訳読法が主流なのか?

では一体なぜ、この文法訳読法で英語を教えているのでしょうか?それは、テストがしやすいからです

学校では、テストをして学力を測る必要があります。受験だと、点数によって、ふるいにかける必要があります。

それの一番わかりやすい方法が、文法訳読法なのです。

正確性を重視しすぎている

また英語の授業では正確性を重視しすぎています。これもテストでマルバツが付けやすいためですね。

しかし、英語を学ぶ理由は何でしょうか?コミュニケーションを取れるようになることが目的ですよね。

そのためには、正確性も重要ですが、流暢さも大切です。そのバランスが重要なわけです。

流暢かどうかを判断するのは難しいので、学校では教えないという方針なんですよね

文法訳読法からの脱出

文法訳読法は、それ自体が悪いものではありません。文法のルールを覚えることで、英語に対する理解が深まりますし、文章の意味も分かりるようになります。

しかし、これだけではダメなのです。日本では、正解か不正解かの教育をしがちです。すると語学においては、流暢さが失われてしまったわけです

これを脱するには、やはり大量のインプットしかありません。受験で、あれだけ頑張ったのに、英語が使えるようになってない人は、インプットが足りてないので、多読しましょう

英会話から始めるのは危険」なので、多読がおすすめなんですよね

英語多読・多聴指導マニュアル (英語教育21世紀叢書)

英語多読・多聴指導マニュアル (英語教育21世紀叢書)